• かりかえる、のりかえる 借り換えおまとめローンランキング

低金利キャッシングにのりかえる

キャッシングの負担が大きいようなら別の金利の低いキャッシングに借り換えることを検討してみてはいかがでしょうか?
複数の借り入れをまとめることで金利を引き下げることができるかもしれません。
借り換えで低金利キャッシングにのりかえることで円滑な返済を実現しましょう。

絞り込み検索

 

借り換えローンの注意点

借り換えローンを行う金融機関は、当然ながらメリットを強調して説明しています。
しかし、世の中にはメリットしかないということは少ないです。
借り換えローンも同じです。ここでは、おまとめローンの注意点について説明します。

まず、毎月の返済額と支払い総額についてです。
借り換えローンを行ったことによって金利が下がったとしても、返済期間が長くなると支払総額が高くなることもありえます。
また、逆に返済期間が短くなると1回の元金返済額が増えるので、支払総額は減っても月々の負担が増えてしまうこともあります。
つまり、おまとめローンを利用したことによって、不利になることがあるということです。
一般的にカードローンの場合は、多くの金融機関が、元利定額返済方式をとっていますので、毎月の返済額が少なくても返済回数が伸びてしまうことがあります。
金利だけではなく、返済回数と毎月の返済額も考慮に入れて、利用するかどうか決めたほうが良いでしょう。
数字のやり取りは分かりにくい面もありますが、お金の問題ですからシビアに判断すべきです。
もし、お金についてルーズな面があるという点に心当たりのある方は、気をつけてください。

また、おまとめローンや借り換えしたことで満足してしまう方もいます。
確かにローンの数は1つになります。しかし、返済する額はほとんど変わりません。
元本は変わらず、先ほど述べた金利の分しか変わらないのです。
それにもかかわらず、気持ちの面でローンの支払いを終えたような気になってしまう方がいます。
支払いの負担は軽減されますが、おまとめローンはスタートに過ぎません。
気持ちを緩めすぎないように気をつける必要があります。

総量規制と銀行ローン

借り換えをするときには、貸金業法で定められいる総量規制についても考慮しておきましょう。
総量規制とは、消費者金融等で借りすぎる人が出ないように、個人の借入総額を、原則として、年収の1/3以内とする規制です。
これによって、1社でも複数社でも、合計して借入総額が年収の1/3を超えると借入することができません。
借り換えする場合でも、総借入残高が年収の1/3を超えるかどうかを確認しておきましょう。

ただし、銀行の貸付は貸金業法の規制の対象外となっており、総量規制の総借入残高には含まれません。
また、銀行で発行しているカードローンも、総量規制の対象外となっています。
銀行カードローンは金利も比較的低いものが多いので、借入残高がそれほど多くないようでしたら、まずは銀行カードローンに借り換えするのがおすすめです。
返済方法は元利定額方式(借入額によって毎月の返済額が決まる)が多いので、毎月の返済額としてはそれほど変わらないかもしれませんが、返済回数と支払総額を減らすことができるかもせれません。
東京スター銀行のおまとめローンは元金同額方式(毎月一定の元金+その時点の利息)で、審査にもよりますが、毎月の返済額増やして早く返済する、または支払期間を伸ばすことで毎月の返済額を減らす、といった状況に合わせた返済計画が組めることがメリットです。
銀行カードローンは消費者金融系と比べて審査が厳しいと言われていますが、まずは銀行カードローンで申し込んでみて、審査が通らなければ、消費者金融系で金利を減らせないか検討してみましょう。

通常は、消費者金融系では年収の1/3以上を借入することはできませんが、いくつか例外があります。
そのうちのひとつに、「顧客が一方的に有利となる借換え」があります。
一方的に有利となる借換えとは、返済総額が今よりも少なくなる、毎月の返済額も少なくなる、返済期間、返済回数も今よりも少なくなる、というような全ての返済条件が今よりも良くなるケースです。
例えば、毎月の返済額が減っても、返済期間が伸びて返済総額が増えるようであれば、一方的に有利になったわけではないので、このケースには当てはまりません。
返済期間は変わらないとしても、金利が下がって毎月の返済額が減って、支払総額も減るような場合だと、この「顧客が一方的に有利となる借換え」に該当する可能性があります。
年収の1/3を超えていても、消費者金融系が全部ダメというわけではないので、金利が低いところは一度検討してみましょう。

(参考)残高20万円のときの返済額

金融機関・商品名 返済方式 返済額
住信SBIネット銀行MR.カードローン 残高スライド元利定額返済方式 4,000円
オリックス銀行カードローン 残高スライド元利定額返済方式 7,000円
三菱東京UFJ銀行バンクイック 残高スライド元利定額返済方式 2,000-6,000円※
プロミス 残高スライド元利定額返済方式 7,220円
モビット 残高スライド元利定額返済方式 8,000円
アコム 定率リボルビング方式 8,400円
東京スター銀行おまとめローン 元金同額返済方式

※金利による
残高スライド元利定額返済方式は残高スライドリボルビング返済ともいいます。